HOME > 会社情報 > 沿革

沿革

非鉄金属材料の総合商社 山中産業をはじめとし組織される山中事業団は、創業約150年の歴史と実績を誇ります。以下に、当事業団の長きにわたるこれまでの歩みをご紹介しておりますので、ご覧ください。

山中事業団の沿革と事業内容

山中事業団の沿革と事業内容山中事業団の沿革と事業内容


江戸時代

1858(安政 5) 初代山中直七が大坂安堂寺橋通で銅地金商「川西屋」を創業。
1863(文久 3) 山中製煉所を開設。

ページの先頭へ

明治時代

1868(明治元) 南堀江銅吹所を開設。
1871(明治 4) 各種地金の輸出入を開始。
1882(明治15) アルミニウム、ブラックシート、亜鉛引鉄板、鉄線、亜鉛板等の輸入を開始。
1904(明治37) 硫化アンチモンの輸入・加工を開始。
1905(明治38) 南堀江銅吹所を独立会社とする。

ページの先頭へ

大正時代

1916(大正 5) 山中製煉所を合名会社とする。
1917(大正 6) 山中製煉所が此花区春日出町に銅反射炉を建設、併せてアンチモン製錬を開始。
中井鉄工所を東京都品川区大崎に創業。
山中型銅・富士川九八銅をロンドン金物取引所に登録。アンチモン(フラワー印)を欧州に輸出開始。
1918(大正 7) 山中製煉所にてロール工場を建設。伸銅業を開始。
(株)山中商店を設立。
1919(大正 8) 伏見工場を設立。銅製錬・伸銅・ロール工場を建設。
1921(大正10) 中井鉄工所を改組し合資会社中井鉄道機械製作所とする。
1925(大正14) 日本錫工業(株)を大阪市東区小橋東之町に設立、錫・鉛チューブの製造を開始。
1926(大正15) 山中製煉所を合資会社とする。
山中式特許金属瓦の製造を開始。パリ万国博覧会に出展。

ページの先頭へ

昭和時代

1929(昭和 4) (株)山中商店が東京出張所を神田区元岩井町に新設。
1930(昭和 5) 日本錫工業(株)を大阪府中河内郡布施町に新築移転。
1931(昭和 6) 山中式特許金属瓦の銅瓦にて大阪城天守閣・高野山金剛峯寺・天理教本部教祖殿・湯島聖堂等の屋根工事施工。
1936(昭和11) 日本錫工業(株)でアルミニウムチューブの製造を開始。
(株)山中商店が三国工場を大阪市東淀川区に新設。
1937(昭和12) 山中化学工業(株)を大阪市東淀川区に設立。
1938(昭和13) 三国工場を独立会社とし、(株)三国製錬所を設立。
合資会社中井鉄道機械製作所を改組し、(株)中井鉄道機械製作所とする。
1939(昭和14) 金属配給統制組合天満地金配給所を委任される。
東京に(資)山中化学工業所を設立。
日吉鉱業(株)を設立し、アンチモン鉱山採掘を開始。
1940(昭和15) 春日出工場を独立会社とし、山中工業(株)を設立。
山中洋行を中国漢口に設立。
1942(昭和17) 日本錫工業(株)が他社を併合して、関西軽金属チューブ工業(株)と社名変更。
1944(昭和19) (株)山中商店が帝国鉱業開発(株)の西部集配所の業務を委嘱される。
1946(昭和21) (株)中井鉄道機械製作所を埼玉県岡部村に工場を移転。
関西軽金属チューブ工業(株)を関西チューブ(株)と社名変更。
1949(昭和24) (株)中井鉄道機械製作所を平和軌工(株)と社名変更。
1955(昭和30) (株)山中商店 本社ビルを大阪市南区安堂寺橋に新築。
1956(昭和31) (株)三国製錬所で防蝕亜鉛の製造を開始。三国製錬(株)と社名変更。
(株)山中商店を山中産業(株)と社名変更。
1965(昭和40) 西大寺工業(株)を設立。
1969(昭和44) 山中産業(株)九州営業所を福岡に開設。
1971(昭和46) 平和軌工(株)が日本車輌製造ポイント部門を併合し、関東分岐器(株)と社名変更。
1972(昭和47) 三国製錬(株)で三酸化アンチモンの生産を開始。
山中産業(株)がケンタッキーフライドチキン1号店を東京目白に開設。
1973(昭和48) 関西チューブ(株)が本社および工場を現住所に新築移転。
岡本サンハイツを分譲発売。
1974(昭和49) (株)マテックを設立。
1978(昭和53) 関西チューブ(株)で樹脂成型品の製造を開始。
1982(昭和57) 山中産業(株)中部営業所を名古屋に開設。
1984(昭和59) 関西チューブ(株)第二工場を増設し、ラミネートチューブならびにポリホイルチューブの製造を開始。
1986(昭和61) 山中産業(株)本社ビルを建替。山中化学工業(株)がRAC工場を増設し、高純度三酸化アンチモン(低α線)の製造を開始。
1987(昭和62) 関東分岐器(株)が岡部工場現事務所を新築。
1988(昭和63) 三国製錬(株)が事務所ならびに第三工場を新築。

ページの先頭へ

平成時代

1991(平成3) 関西チューブ(株)第三工場を増設。
広東三国銻業有限公司を中国広東省に設立。
1993(平成 5) 関西チューブ(株)本社工場を拡張。
三国製錬(株)第五工場を新築。
1994(平成 6) 山中産業(株)カプリチョーザ1号店を千葉松戸に開設。
三国製錬(株)第二工場を新築。
1995(平成 7) 山中化学工業(株)現事務所を新築。
1997(平成 9) 広東三国銻業有限公司 生産設備を増設。
2000(平成12) 三国製錬(株)ISO9002の認証を取得。
2002(平成14) 関東分岐器(株)ISO9001の認証を取得。
関西チューブ(株)ISO9001の認証を取得。
広東三国銻業有限公司 ISO9001の認証を取得。
2003(平成15) 山中産業(株)、三国製錬(株)、山中化学工業(株)の三社を合併。
山中産業(株)東京支店、関西チューブ(株)東京営業所、関東分岐器(株)本社を東京都中央区日本橋本町1丁目に移転。
2004(平成16) 山中産業(株)市川流通加工センターを開設。
三国製錬事業所 ISO9001の認証を取得。
山中産業(株)本社・東京支店 ISO14001の認証を取得。
2006(平成18) 山中産業(株)本社を大阪市中央区今橋に移転。
2008(平成20) 山中産業(株)東京支店、関西チューブ(株)東京営業所、関東分岐器(株)本社を東京都中央区日本橋本町4丁目に移転。
2010(平成22) 山中産業(株)市川流通加工センターを東京都足立区に移転。名称を東京加工センターとする。
三国製錬事業所 淀川事業所 東京加工センター 建材・加工品・工事 表面処理加工 フードサービス 金属・樹脂加工品 精密鋳造・鍛造品 工業製品 機能材料 電子材料 金属材料
ページの先頭へ
山中産業株式会社 サイト利用規約 リンク サイトマップ