金属繊維ナスロン® の特性

ステンレスの「強さ」と繊維の「しなやかさ」を持つ機能素材
ナスロン®は日本精線株式会社の登録商標です。

材質

ステンレス鋼に属する各鋼種の製作が可能。現在主に製造しているのは次の2種類です。

  化学成分(%)
鋼種 C As Mn P S Ni Cr Mo Fe
SUS316L 0.030
以下
1.00 
以下
2.00 
以下
0.040
以下
0.030
以下
12.00〜15.00 16.00〜18.00 2.00〜3.00
SUS304 0.08 
以下
1.00 
以下
2.00 
以下
0.040
以下
0.030
以下
8.00〜10.50 18.00〜20.00 -

繊維径

8μm、12μmを標準に他のサイズもございます。

耐食性

耐候性が優れ、硝酸、アルカリ、有機溶剤等には優れた耐食特性を有しています。また薬品類にもよく耐えますが、塩酸・硫酸のような還元性酸類やハロゲン基を含む薬品は侵されやすいので注意して下さい。

耐熱性

耐熱性繊維状態のナスロン®は用途によって寿命が違いますが、ステンレスの焼鈍温度1,150℃までの範囲で使用することができます。(不活性ガス中) (注)溶解点1,400〜1,500℃
 試験条件
  試料:クロスA
  加熱:大気マッフル炉中に放置
  試片:50mm巾×200mm長

曝露条件
強力 kg
強力保持率(%)
(素材=100%)
試料の状態
素材
69.5
100
----
300℃×5hr
72.0
104
全く異常なし
400℃×5hr
76.0
110
紫褐色に変化
500℃×5hr
68.0
99
紫褐色に変化
600℃×5hr
55.0
80
部分的に強い着色
700℃×5hr
52.0
75
部分的に強い酸化
750℃×5hr
45.0
65
部分的に強い酸化

→ ナスロン®の製品紹介 

三国製錬事業所 淀川事業所 東京加工センター 建材・加工品・工事 表面処理加工 フードサービス 金属・樹脂加工品 精密鋳造・鍛造品 工業製品 機能材料 電子材料 金属材料
ページの先頭へ
山中産業株式会社 サイト利用規約 リンク サイトマップ