HOME > 工業薬品 > 超微粒子酸化第二錫ゾル

超微粒子酸化第二錫ゾル

EPS(酸化第二錫ゾル)は、性能・環境等へのニーズに応える開発により誕生した新製品です。透明帯電防止膜の形成のほか、親水性機能・光触媒機能を必要とする用途での引き合いをいただいています。

主な特徴

高い透明性のコーティング膜

弱アルカリ性の水に酸化第二錫の超微粒子(平均粒径5nm)が分散している水系ゾルで、塗工・乾燥により無色で高い透明性を有するコーティング膜が得られます。

優れた帯電防止(静電防止)性能

帯電防止性能としては表面比抵抗値として最大10exp8が得られます。

湿度依存性が少ない

導電主成分は非晶質酸化錫ですので、湿度依存性が少なく、低湿度の環境下でも帯電防止効果が発揮されます。

環境にやさしい

分散安定剤として少量(約0.25%)のアンモニア等を含んでいる以外は、環境や人体に影響を及ぼす恐れのある物質を含んでおりません。

優れた製造技術

酸化第二錫の濃度は8〜20%の幅で製造可能です。優れた製造技術によりお客様のご要望に広くお応えできます。

主な用途

  • 各種樹脂フィルム・ガラス・セラミックス等に対する透明帯電防止膜の形成



三国製錬事業所 淀川事業所 東京加工センター 建材・加工品・工事 表面処理加工 フードサービス 金属・樹脂加工品 精密鋳造・鍛造品 工業製品 機能材料 電子材料 金属材料
ページの先頭へ
山中産業株式会社 サイト利用規約 リンク サイトマップ