3つの照明手法 - 点から線へ、さらに面へ -

光ファイバーの得意とする3つの照明手法を用いて、あらゆる表現を可能とします。

 

点(スポット)

光ファイバーの基本特性である端部からの出射光を利用するデバイスです。発光部の輝きそのものを見せるタイプと、対象物を照らすタイプがあります。高い光度と様々な配光タイプが特徴となっています。

線(ライン)

光ファイバーの側面を発光させるライン状のデバイスです。屈曲性に優れたタイプや、高輝度タイプなどがあります。とぎれのない長いラインの発光を得られることが特徴となっています。

面(サーフェイス)

光ファイパーにより送り込まれた光を特殊なアクリル導光板によって、均一な面発光に変換するデバイスです。サイズや形状の自由度が高く、薄い本体形状が特徴となっています。

ライティング材料・光ファイバー

三国製錬事業所 淀川事業所 東京加工センター 建材・加工品・工事 表面処理加工 フードサービス 金属・樹脂加工品 精密鋳造・鍛造品 工業製品 機能材料 電子材料 金属材料
ページの先頭へ
山中産業株式会社 サイト利用規約 リンク サイトマップ